給与計算アウトソーシング・代行サービスの選定ポイント

給与計算アウトソーシング・代行サービスの選定ポイント

適切な給与計算アウトソーシング業者を選ぶことは、企業の経営資源を効率的に活用し、業務の品質を保つ上で非常に重要です。この記事では、サービス提供業者を選定する際に考慮すべきポイントを詳細に解説します。

1. サービス詳細内容

給与計算アウトソーシング・代行サービスを選ぶ際には、サービスの範囲と内容を詳しく理解し、自社のニーズに合った提供業者を選定することが重要です。給与計算のアウトソーシング・代行業者は、単に給与計算のみを行う業者から、勤怠管理、福利厚生、身上変更手続き、人事管理機能など、多岐にわたるサービスを提供する業者まで、そのサービス内容は大きく異なります。

・基本的な給与計算サービス
これは、月次給与、定期賞与、臨時賞与、通勤費、住民税、年末調整などをカバーし、給与明細・賞与明細や銀行振込用のデータを作成する基本的なサービスです。

・勤怠管理サービス
いくつかのアウトソーシング業者は、従業員の勤務実績や休暇管理などの勤怠管理機能を提供し、月次勤務実績データの自動反映もサポートしています。これにより、給与計算の付帯業務が効率化されます。

・身上変更サポートサービス
いくつかのアウトソーシング業者は、入社、退社、家族追加、氏名変更等の身上変更などの手続きもサポートしています。これにより、身上変更に纏わる業務負荷が軽減されます。

・人事管理サービス
いくつかのアウトソーシング業者は、公的資格、研修、評価・考課などの給与計算に直接関連しない情報の管理や、目標管理の申請や評価など、会社として管理が必要な情報管理のサポートも提供しています。これにより、人事関連業務の効率化が図れます。

・カスタマイズ可能なサービス
いくつかのアウトソーシング業者は、企業の特定のニーズに合わせてサービスをカスタマイズすることができる業者も存在します。これは、効率化目的では変更できない独自の業務フローが存在する、また、複雑な給与体系を持つ企業に適しています。

自社の業務の規模や複雑さ、内部リソースの状況を考慮し、必要なサービスを提供できる業者を選定することが重要です。

2. 料金体系

料金体系は、給与計算アウトソーシングサービスを選ぶ際の重要な要素の一つです。企業が予算を効果的に管理し、不意のコストに対応するためには、サービスの料金構造を正確に理解することが必要です。以下は、料金体系に関するいくつかの重要な側面です。

2.1 料金体系の種類

・初期導入費用
サービス導入にあたって、月次サービスを開始するまでの費用を指しています。費用の内訳として、サービス提供に必要な環境構築作業と、正しい計算結果を導くためのテスト計算や運用テストなどが含まれます。計算結果の一致のみに関わらず、双方で取り決めした仕様書(設定書や業務フローなど)の内容が充足しているかも、重要な要素となります。

・経常委託費用
セットアップが完了した後、毎月の業務委託に伴う費用を指しています。委託する業務範囲により費用が異なるほか、年次業務が追加費用となる場合や、発生することが確定していない業務が発生した場合、件数に応じた追加費用となる場合があります。

・法改正対応費用
いくつかのアウトソーシング業者は、法改正への対応費用が別料金となる場合があります。法改正対応が平月の委託料金に含まれているかも、重要な要素となります。

・システム・運用仕様の変更費用
月次サービス稼働後に、制度変更などに起因して、システム設定や運用方法を変更する場合は、追加費用となる場合が一般的です。変更作業のほか、その変更内容を記録・保管して、双方で共有されるかも、重要な要素となります。

2.2 要望内容と提供サービスのGAP確認

アウトソーシングサービスは、業者によって運用方法が異なります。要望する内容と提供されるサービスの内容にGAPがないか、細かく確認することが重要です。これは、サービス導入後に失敗しないための重要な要素となります。

2.3 提供サービス品質とコスト価格のバランス

最も安価なサービスが、常に自社に適合するサービスとは限りません。要望内容と提供サービスの適合性、サービスの信頼性、セキュリティ、カスタマーサポートの質など、コストとともに考慮すべき重要な要素が多々あります。
サービス提供者を選定する際には、コストだけでなくサービスの範囲や品質も十分に評価することが重要となります。

3. セキュリティ対策とプライバシー保護

給与計算のアウトソーシングサービスを利用する際、従業員の個人情報や給与データなど、機密性の高い情報が含まれるため、セキュリティ対策とプライバシー保護は非常に重要な要素です。
業者がどのようなセキュリティ対策を講じているかを確認することが重要です。特に、以下の点が重要となります:

・情報の暗号化
給与計算データは、転送中に暗号化されている必要があります。これにより、データが第三者によって傍受または盗まれるリスクを最小限に抑えることができます。

・アクセス管理
データへのアクセスを厳格に管理する必要があります。これには、アクセス権を持つ従業員の特定、アクセスログの記録、不正アクセスの試みを検知するシステムなどが含まれます。

・データセンターのセキュリティ
物理的なセキュリティ対策も重要です。業者のデータセンターは、侵入防止システム、監視カメラなどによって保護されている必要があります。

・定期的なセキュリティ監査とテスト
定期的にセキュリティ監査を行い、侵入テストや脆弱性評価を実施してセキュリティの堅牢性を保証する必要があります。

・個人情報保護の関連法の遵守
個人情報の取り扱いに関する法律、特に日本の個人情報保護法を遵守している必要があります。これには、個人データの保護とプライバシーに関する方針の明確化などが含まれます。

これらの措置が適切に実施されているかどうかを確認することは、給与計算のアウトソーシング業者を選定する際の重要な基準となります。

4. 専門知識と運用実績

給与計算アウトソーシング業者の専門知識と運用実績は、そのサービスの質と正確性を決定づける重要な要因です。以下に、業者の専門知識と運用実績を評価する際の重要なポイントを記載します。

4.1 業者の専門知識と経験

・過去の経験と実績
これまでに取り扱ってきた企業の種類や規模を確認します。特に、類似する業界や規模の企業を導入した経験は、ニーズを理解し、適切に対応できるかの指標となります。他社事例やケーススタディを求め、具体的な解決策を確認することも有効です。

・スタッフの資格と専門性
業者のスタッフが持っている資格や専門的なトレーニングを確認します。スタッフ向けに定期的な研修や学習を行っているかどうかも、サービスの質を保証するために重要な要素です。

4.2 法改正への対応力

頻繁に法改正されるため、業者がこれらの法改正に迅速に対応できる能力は重要です。法改正情報を収集後、サービスにどのように反映しているかを評価します。

4.3 経験豊富な業者の選定の重要性

・信頼性と安定性
経験豊富な業者は、さまざまな状況での対応力を持っているため、サービスの信頼性と安定性が高まります。

・カスタマイズされたソリューション
豊富な経験を持つ業者は、特定の業界や企業に特有のニーズに合わせたカスタマイズされたソリューションを提供できる可能性が高いです。

給与計算アウトソーシング業者の選定においては、その専門知識と経験の豊富さを適切に評価することで、企業は高品質で信頼性の高いサービスを受けることが可能となり、経営資源をより重要な業務に集中させることができます。

5. カスタマーサポートとアフターサービス

給与計算のアウトソーシングサービスにおけるカスタマーサポートとアフターサービスは、サービス品質の重要な要素となります。給与計算は、従業員の生活や企業の信用に直接関わるため、いかなる問題にも迅速かつ適切に対応する必要があります。

カスタマーサポートとアフターサービス 

・カスタマーサポートの質
顧客の問い合わせに対して迅速かつ正確に対応できる体制を整えていることが必須です。これには、経験豊富なスタッフによる電話、メールなどのサポートが含まれます。サポートチームは、給与計算の専門知識を持ち、顧客の疑問や問題を解決するためのサポートができる必要があります。

・対応時間
カスタマーサポートの可用性も重要です。顧客がビジネス時間内だけでなく、緊急の場合にも問い合わせができるような体制を整えているかが重要です。

・法改正時のアップデート対応
法改正に伴う給与計算ルールの変更に迅速に対応することは、アウトソーシングサービスの重要な要素です。顧客に対して法改正の内容とその給与計算への影響範囲について、正しく伝える必要があります。

・システムトラブル時の対応策
システムがダウンしたり、技術的な問題が発生したりした場合、業者は迅速に問題を特定し、解決策を提供する能力を持っていなければなりません。トラブルシューティング、緊急対応チーム、およびバックアップシステムの準備が重要です。

これらの要素は、給与計算のアウトソーシング・代行サービスを選定する際の重要な基準となり、信頼性と顧客満足度を高めるための重要な要素です。

6. 結論

給与計算のアウトソーシング及び代行業者を選定するにあたっては、幅広い観点からの総合的な評価が不可欠です。主要な5つのポイント—サービス内容詳細、料金体系、セキュリティ対策とプライバシー保護、専門知識と運用実績、そしてカスタマーサポートとアフターサービス—を慎重に検討することが、組織の要求と目標に最適なサービスを選ぶ鍵となります。 各業者が提供するサービスの範囲と質、サービス料金と予算への適合、情報のセキュリティとプライバシー保護の厳格さ、専門知識と経験の深さ、そして迅速かつ効果的なカスタマーサポートとアフターサービスの提供能力は、企業にとって重要な判断基準です。これらの要素を総合的に評価し、適切な業者を選定することで、企業は給与計算プロセスの効率化とコスト削減を実現し、同時に従業員の満足度を高めることができます。 適切なアウトソーシングパートナーの選定によって、企業は経営資源をより重要な業務に集中させることができるだけでなく、給与計算の正確性と信頼性を保証し、最終的には企業の成長と発展を強力にサポートすることが可能となります。

給与計算アウトソーシング・代行・委託は、
MHCトリプルウィンにお任せください。

03-3503-7360

お問い合わせ・資料請求

WEBからのお問い合わせ

給与計算や人事業務に関するお困りごとなど、お気軽にご相談ください。

お問い合わせ・資料請求

お電話でのお問い合わせ

03-3503-7360

給与計算 アウトソーシングとは?

プライバシーマーク

MHCトリプルウィンは、一般財団法人日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)より個人情報について適切な取り扱いが行われている企業に与えられる『プライバシーマーク』の使用許諾事業者として認定されています。

ISMS

弊社登録範囲
MHCトリプルウィン株式会社
BPO事業本部
保険事業部
食・農事業部
本社

ページトップへ