給与計算アウトソーシング・代行の料金比較ガイド
企業規模と委託範囲に適した選択肢を

給与計算アウトソーシング・代行の料金比較ガイド:企業規模と委託範囲に適した選択肢を

給与計算アウトソーシングの料金比較は、料金だけでなくサービスの範囲、質、そして業者の信頼性などの要素を総合的に考えることが重要です。本記事では、料金構成要素、タイプ別の業者分類、そして最適なアウトソーシングパートナーの選び方について、詳しく掘り下げます。

給与計算アウトソーシングは、中堅企業や中小企業においては、専門知識の不足や人的リソースが限られるため、重要な選択となります。大企業でも、従業員の規模と給与計算および関連制度の複雑さが増すにつれ、アウトソーシングサービス利用による標準化の必要性が高まります。

給与計算アウトソーシングの重要性

中堅・中小企業の課題:専門知識の不足や人的リソースの限界がアウトソーシングへの動機となる。
大企業の課題:従業員の規模と給与計算および関連制度の複雑性の増大が、アウトソーシングサービス利用による標準化や効率化への動機となる。

1. 料金構成要素

料金体系はサービスの範囲や従業員数の規模に応じて変動します。主な要素には基本料金、従業員数による料金、そしてオプションサービス料金が含まれます。基本料金は、給与計算業務の基本の枠組みをカバーし、従業員数による料金は、従業員数の規模に応じた作業処理量のコストを反映します。オプションサービス料金は、基本の枠組みを超えるサービスに対して請求されるものです。

1.1 料金構成要素の細分化

・基本料金の解説
定義:給与計算の基本的な処理や管理に対する料金。
影響要素:基本的な処理の処理量(月次の給与計算回数、年間の賞与計算回数など)による料金の変動。

・従業員数による料金の解説
定義:従業員一人当たりにかかる料金。
影響要素:全従業員数および特定のサービスに該当する従業員数に依存。

・オプションサービス料金の解説
定義:基本の枠組みを超えるサービスに対する料金。
例:人事管理、勤怠管理、身上手続きサポート、従業員向けコールセンターなど。

2. タイプ別の業者分類

市場には大手から中小企業向けまでさまざまなアウトソーシング業者が存在します。フルアウトソーシングベンダーは、包括的なサービスと高度なセキュリティ対策を提供する傾向にあり、システム提供系ベンダーは、業務に必要なシステム提供をメインに限定的な範囲のサービスを提供する傾向にあり、士業系ベンダーは、従業員数の少ない中小企業向け限定で、柔軟性のある小回りの利いたサービスを提供する傾向にあります。

2.1 市場の主要プレイヤーとその特徴

・フルアウトソーシングベンダー
特徴:給与計算から身上異動手続きや、従業員対応まで幅広い範囲のサービス提供が可能。
注記:大企業向けの場合、画一的なサービスでサービスのカスタマイズが不可の場合も。

・システム提供系ベンダー
特徴:システム提供とあわせて、限定的な範囲のみのサービス提供が可能。
注記:委託範囲が限定的となる場合が多く、外部委託の効果が限定的となる場合も。

・士業系ベンダー
特徴:リソース不足のカバーや、顧客のニーズに応じた柔軟なサービス提供が可能。
注記:アナログ処理も多く、従業員数が一定以上になるとサービス提供できなくなり、他ベンダーへ切り替えを推奨される場合も。

3. 料金とサービス範囲の比較

料金とサービス範囲は、選定の際の重要な比較ポイントです。低価格の場合は、必要なサービスの欠如やサポートの限界が伴うリスクがあり、高価格の場合、包括的なサポートや高品質なサポートが期待できます。

3.1 料金体系の種類

・初期導入費用
サービス導入にあたって、月次サービスを開始するまでの費用を指しています。費用の内訳として、サービス提供に必要な環境構築作業と、正しい計算結果を導くためのテスト計算や運用テストなどが含まれます。計算結果の一致のみに関わらず、双方で取り決めした仕様書(設定書や業務フローなど)の内容が充足しているかも、重要な要素となります。

・経常委託費用
セットアップが完了した後、毎月の業務委託に伴う費用を指しています。委託する業務範囲により費用が異なるほか、年次業務が追加費用となる場合や発生することが確定していない業務が発生件数に応じた費用となる場合があります。

・法改正対応費用
いくつかのアウトソーシング業者は、法改正への対応費用が別料金となる場合があります。法改正対応が平月の委託料金に含まれているかも、重要な要素となります。

・システム・運用仕様の変更費用
月次サービス稼働後に、制度変更などに起因して、システム設定や運用方法を変更する場合は、追加費用となる場合が一般的です。変更作業のほか、その変更内容を記録・保管して、双方で共有されるかも、重要な要素となります。

3.2 確認すべきポイント

低価格の確認項目:サービスの範囲が限定される可能性が高く、自社ニーズにマッチしているかの確認が必要です。
高価格の確認項目:包括的なサポートと高品質なサービスが期待できますが、発生頻度が少ないものを対象外とすることも、コスト削減に重要です。

4. 総合的な検討

給与計算アウトソーシングサービスの料金比較は、料金だけでなくサービスの質・範囲、将来のニーズへの対応能力を考慮する必要があります。企業は自社の規模、特定のニーズに応じて最適なサービスを選択することで、経営の効率化と従業員満足度の向上を実現できます。

・サービスの質・範囲
特に、低価格の場合には、提供範囲と品質が担保されているかを考慮する必要がある。

・将来のニーズへの対応能力
段階的にサービス範囲の拡張を検討する場合、初回稼働時のみではなく、将来のニーズに対応できるかを考慮する必要がある。

5. 結論

給与計算アウトソーシングの料金比較は、単にコストを比較するだけでなく、自社の具体的なニーズに合った最適な業者を慎重に選定し、長期的な視点でパフォーマンスを最大化させましょう。

給与計算アウトソーシング・代行・委託は、
MHCトリプルウィンにお任せください。

03-3503-7360

お問い合わせ・資料請求

WEBからのお問い合わせ

給与計算や人事業務に関するお困りごとなど、お気軽にご相談ください。

お問い合わせ・資料請求

お電話でのお問い合わせ

03-3503-7360

給与計算 アウトソーシングとは?

プライバシーマーク

MHCトリプルウィンは、一般財団法人日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)より個人情報について適切な取り扱いが行われている企業に与えられる『プライバシーマーク』の使用許諾事業者として認定されています。

ISMS

弊社登録範囲
MHCトリプルウィン株式会社
BPO事業本部
保険事業部
食・農事業部
本社

ページトップへ